このコーナーでは、ラリー競技に使われる用語を随時、判りやすく解説します。
用語を総て解説するのには時間が掛かりますので、少しずつアップします。
気長に見ていって下さい。
逆に知りたい言葉がありましたら、トップページの掲示板に書き込んで下さい。
①ラリーって、なぁにぃ??
自動車を使って行うスポーツが、モータースポーツですね。
F-1やGTカー・レースはみんな知ってると思いますが、日本でのモータースポーツを大きく分類するとレース・ラリー・ラリーレイド(パリ・ダカ等の長距離ラリー)・スラローム(ジムカーナー・ダートトライアル)・ドラッグレース(0-400)です。
このコーナーでは、日本のラリーについて解説します。

現在の、国内ラリーは3種類に分かれます。

1)第1種リライビリティー・ラリー

計算ラリーと呼ばれてる、決められたポイントとポイントの間を指定された速度で走りその正確さを競う競技です。
各ポイントは、何処にあるか判らないので常に指定されたスピードで走っていなければなりません。
指定されるスピードは、もちろん法令指定スピード(その道の制限速度)に設定してあり、日本独自のラリーです。

2)第2種リライビリティー・ラリー

第1種ラリーで、途中にSS(スペシャルステージ=速さを競う区間)が含まれたラリーです。

3)スペシャルステージ・ラリー(TCラリー)

テレビで時々放送されているような、決められた区間の所要時間で速さを競うラリーです。
一般的には、TCラリー(タイム・コントロール・ラリー)と言われ、海外で行われているラリーは総てこのラリー形式です。
レースと違い、先の判らない道を走る難しさがあります。

簡単に説明すると・・・・以上です。細かく説明すると・・・疲れるので、止めます。









②ラリーで、走る場所は?

道路には国道・県道・市道・町道・村道・林道と色々な種類があります。
ラリーは、レース等とは違って一般道を走りますので、当然のごとく通過する道ごとの制限速度が国家公安委員会によって決められています。
ラリー車も制限速度を守ってゆっくり走りますが、SSの行われる道路は主催者が道路管理者から占有許可を頂いて、ラリーで通過する時だけ、道路では無くす為に制限速度が適応されなくなり、全開走行が出来る訳です。
ラリー競技は、このような法律に合った方法で開催されているのです。

ただし、国道・県道は管理者から許可を頂けないので、通過するだけでSS等は行えません。
私有地などレース場のような道は、公安委員会の制限速度規制がないので、300キロ出してもOKなんです。
ターマック(舗装路)と、グラベル(未舗装路=ダート)に道は別れますが、年々ターマック・ラリーが増えています。
このように、ラリー車は一般道を走りますので保安基準に合わない違法改造は許されず、深夜の音の問題でマフラーもノーマルなのです。

現在、国内で昼間に行われるラリーは全日本選手権シリーズと、その他一部のラリーのみで、殆どが夜間に行われます。
その理由は、深夜であれば一般車両の通行量が少なく迷惑が掛からない事にあります。
とても気を使ってラリーは道路管理をしている各役場・所轄警察署から許可を頂いて開催されてます。

③ドライバー
単純に・・・運転手ですね。
④ナビゲーター?コ・ドライバー?

計算ラリーの場合、助手席でラリーコンピューターを操作してドライバーに進むべき道や、その時点での指示された速度で、走行出来ているかを確認してドライバーに指示する人をナビゲーターと言います。

TCラリーは、各SSの所要時間で競います。
ドライバーに、その先がタイトなのか緩いコーナーなのか指示してドライバーを速く走らせる事を仕事にしているのが、コ・ドライバーと言います。

⑤SSスペシャルステージ

単純に、スピードを競う区間で所要時間で競います。
SSの距離としては、短くて2キロ程度から長いコースでは15キロ程度の場合もあります。
1台ずつ1分間隔でスタートして、そのSSのゴール地点までの所要時間で競います。

国際ラリーでWRC(世界ラリー選手権)になると、SSの距離が60キロなどといった長いコースもありますが、この長く狭い道をメーカーのワークスカーは40分ぐらいで走ってしまいます。

⑥レッキ

競技会の前日等に、ラリーで走行するSSのペースノートを作成する為の下見をする事です。
JAFルールで、レッキは2回する事になっています。

1回目のレッキで基本のペースノートを造り2回目で造ったペースノートに間違えがないか確認します。
もちろん競技時間外に走りますから、制限速度は守って一般車に注意しながら走行します。

⑦ペースノート

各SS(スペシャルステージ)で使用する、そのコースを記号化したノートです。
助手席で、コ・ドライバーがノートを読んで「この先ストレート100m・その先、緩いから全開で行け~!!」と言った感じで指示し、ドライバーは、その言葉を信じてコーナーに進入します。
実際には、コーナーの曲がり具合を数字でドライバーに伝えます。
100%その言葉を信じて走っているか、どうかはお互いの信頼関係によって違います。

右の写真は、2005年に使ったペースノートです。
このようにコーナーをR/Lと数字で表して暗号化しコ・ドライバーはドライバーに伝えます。
人によって、書き込む情報量が違い危険マークや路面の状況等を細かく記入するコンビもあります。
大事なのは、二人で正確に欲しい情報が伝わればOKと、言う事です。

⑧TC(タイム・コントロール)

読んで字のごとし。一般的には「ティーシー」と皆、読んでます。
ラリーには、もちろんスタート地点からゴール地点があります。
この間を通るコース上の、所々にTCが設置されて通過車両を確認します。

この方式の良い所はタイム・スケジュールが、主催者の設定時刻に狂いが無く競技が進行する事にあります。
例えば・・・自分達がTC0(スタート地点)を12:01分に出ます。
TC1の予定通過時刻1:01。
同様にTC2・3・4・5と決められた時刻に通過してゴールまで行きます。

もちろん競技ですから、このTCとTCの間でSS(スペシャルステージ)が行われます。
基本的には、各SSの直前にTCが設置され、SSをゴールしたら次のTCに向かいます。

第1種・第2種のラリーも、主催者の予定時刻で競技は進行しますが、途中のラリー展開によっては、時間が長くなってしまう可能性があるのです。
説明は・・・いろいろと有りすぎるので止めます。

⑨リエゾン
各TCとTCを繋ぐ、移動区間の事です。
もちろん、制限速度以下のスピードで設定されていて次のTC予定通過時刻までに移動すればよいので、ゆっくり走ります。
⑩CP(チェックポイント)

一番初めに説明した、ラリーの種類で第1種・第2種のラリー中に、競技車が決められた時間通りに通過するかをチェックする場所です。
ただし、そのラリーコースの何処に有るかは基本的には内緒になっている為に、参加者は一生懸命に指示通りに何時も走らなければなりません。

普通は、そのCPラインを通過した瞬間の時分秒で計測しますが、時分だけを計測する設定をする主催者もいます。
この違いは、そのラリー主催者の設定に対する考え方で決定されます。
CPラリーでは各CP間の決められた所要時間に対して各参加者の所要時間との誤差(秒、又は分)を減点として計算し、トータル減点の少ない者が1位になります。

しかし、第2種ラリーのように途中でSSが含まれる場合だと、あらかじめCPの位置・もしくは時間を参加者に知らせる場合もあります。
このようなCPは、オープンCPと呼びます。
オープンCPを設定する理由は単純に参加者に対して、そのCPで減点を与えるつもりが無い場合です。

⑪ターマック?グラベル?

ターマックとグラベルとは、路面の種類です。

ターマック=舗装路
グラベル=未舗装路(ダート)

海外ラリー(WRC)などは、グラベルラリーが多いですが、日本国内では各地の舗装化が進み愛知県内だと、グラベルコースが少なく殆どターマックでラリーは開催されています。
このコースの違いによって、ターマックラリーではSタイヤ。
グラベルラリーでは、ダートタイヤと使用する路面によってタイヤは使い分けられています。

続く